錦織が上に行けない理由

 

  今年のウィンブルドン・・

 錦織 また体の故障で棄権!おそまつくんですね w

 Nisigupやはり、純日本人って人種は体が弱いsign01 

ドイツやアメリカなどと比べても、
        DNA的にも

 外に出て行く、開拓して行くだけの力 ・ 体を

   持っていないってことでしょーね scissors

 たとえば、ジョコビッチだとサッカーも得意

上半身だけでなく下半身=四肢 も感覚鋭く使える わけだ sign01

 一方、錦織は上半身ばかり気を遣い
    トレーニングもほとんど上半身を意識したモノ中心となる。

 
   これをわかりやすく書くと、

       ジョコビッチ : 4の体バランスと感覚
       錦織      : 2の体バランスと感覚
        
        up これだけでも2倍の差があるわけだ  paper 

   おまけに、ジョコビッチは手足が非常に長く +な効果も抜群 sign01

       4 対 2 で勝てるはずもない rock

 
  2、3年前に、錦織のファン応援サイトみたいなところで
  応援 ・ アドバイスの意味で同内容をコメント、書いてやったんだけど、
  たぶん、錦織のまわりのブレーン ・ 凡人関係者に不適切とか・・
  思われてスルーされて、錦織の耳には届いてないんだろーな!

  3年ぐらい前に、おれのこのアドバイスを素直に真摯に聞いておけば
 今ごろは故障しなくて済んだろーに。
 結局、相手のビッグサーバーの限界のトップスピードに目は追い着いたと
 しても、上半身だけのバランス ・ 2の体バランスだけでは
        カバーしきれない状態になってるんだよ。 

 サッカーのリフティングの練習を毎日欠かさず取入れるとか、
うさぎ跳びや反復横跳びを地道に取り入れる・・とか
     色々あるだろーに sign03

 上半身ばかり気を遣って、

  
こーいう基本的なことに力を入れていないから

      すぐに故障しちゃうんだよ ┐(´д`)┌


 ま・・このまま、ランキング6位や7位で 2流でウロチョロしてても、
CMやスポンサー、イベント収入など・・一生生活して行けるだけの安定
があるからそれで良しとするんだろーけどな!
w


                 

シャラポワ損!

 

 女子プロテニス選手のシャラポワ(ロシア出身)。
                       Shalalaup
 どうやら、
  今年1月出場の全豪オープン出場時

 ドーピング検査で
   禁止薬物の陽性反応

    が出て引っかかってしまったらしい。

 彼女の中でも、その周りにおいても・・・

  あまり気にしていない、

 自分にはあまり関係のない話!

という感じで 「ドーピング検査」を日頃から軽視していたのであろう~。

 シャラポワが2006年から使用していた メルドニウム という薬剤は、

  2016年1月1日に指定薬物になり、
      今年出場した全豪オープンが1月18日開始。

   変更になったのが最近の事とは言え、
           プロの世界やオフィシャルな大会で

   今や!ドーピング検査は当たり前!(世界的に周知の事)

   シャラポワ自身、プロアスリート選手として自覚が
        無さ過ぎたのは言うまでもなく、

  シャラポワほどの金銭的にも余裕のあるセレブ・スター選手であれば、

  医療系サポート・管理ドクターや
 コーチ陣・監督などの管理チーム体制も

  万全にはしていただろうから、お粗末な話ではある!

     それゆえに、自身や周りを含めて・・

   あえて知っていて使用していた可能性も 現時点においては
        完全に否定はできない sign01

 まぁ~・・まさに sign03
 シャラポワ損 (日本語歌ではポイズン) poison ・ ポワゾン
                  (フランス語: 綴りなども英語と同じ)

 意味: 毒・毒薬
   (ディオールの有名香水
「プワゾン」=危険な香り
      
          もイメージさせる bleah

フォト

BGM : Rus♪Music


  • This song have a meaning!
    🤘🏻 That's ...
    Welcome to my world! 🤙ww
無料ブログはココログ